リクナビNEXT[20代転職者の利用No1転職サイト]
詳細
★★★★★
 累計約30万人の転職を実現した人気No.1転職サイト。レジュメに登録をし待っているだけでも企業からオファーが届きます。その他にも職務経歴簡単作成ツールなど便利なコンテンツ満載です。

利用者の声
良かった
転職を考えたときに最初に登録したのがリクナビNEXTです。学生時代にリクナビを利用して一番良かったのが決め手ですが、最近転職を決めた友だちもリクナビNEXTは他と比べて求人数が多いよと言っていたのもあります。本当に比べてみたら数が多くて短期間で転職先を決めることが出来ました。
良かった
元々学生時代の転職活動は失敗だったと後悔していて、入社した年の年末にはリクナビNEXTに登録してました。でも次は失敗できないと思い、焦らずじっくり良い求人が出るのを待ちながら、社会人として学べるところは学ぼうと仕事に精を出してました。少し時間は掛かりましたが、納得できる企業に決まりホッとしています。
良かった
30歳を目の前に転職活動を始めた。時間的に余裕がなく、エージェントを利用する気はなかったがリクナビNEXTならネット上で求人を探せ仕事と両立できるだろうと登録してみた。通勤電車の中でスマホを使って情報を収集でき効率的に活動できたのが良かった。
良かった
掲載されている求人もチェックしながら、スカウトメールも活用しました。けっこういろんな企業がから連絡をもらい、自分でも転職できそうだと自信がつきました。ほかの転職サイトもりようしたけれど、一番リクナビNEXTが使いやすかったです。オススメです。
普通
いくつか登録した中の一つがリクナビNEXTだ。全体的に求人数が多く見ていて勉強になった。しかし、自分の地元の求人は何故か少なく、残念ながらあまり活用できなかった。


リクルートエージェント[プロによる徹底サービス]
詳細
★★★★
 転職成功実績No.1の転職エージェント。登録も利用も完全無料でプロのキャリアコンサルタントがあなたの転職をサポートしてくれます。

利用者の声
良かった
企業にプロモーションを掛ける前に、プロのコンサルタントとしっかり相談ができたのが良かったと思う。私の場合、じぶんの付きたい業種すら決まっていなかったので、専門家の意見は本当にありがたいものだった。
良かった
非公開求人に質の良い求人が多くて、目移りがしそうでした。こちらとしてもキャリアアップのために転職活動をしているので、自分のスキルを活かせる仕事が見つかったことは、本当にうれしかったです。
良かった
インターネットやスマホのアプリなどで、簡単に求人を探せるのが便利だと思いました。特に、今の20代でスマホを持っていない人はほとんどいないので、時代に合わせてアプリを導入したリクルートエージェントの先見の明には感心しています。無事に転職先も決まり一安心です。
普通
今まで色々な転職エージェントにお世話になってきたけれど、何処のエージェントもあんまり大差ない気がする。正直に言うと、彼らは案件の紹介と相談くらいの仕事しかしていないと思う。
普通
こちらの都合や希望を考慮した求人の紹介、というよりは、リクルートエージェントの成績のための求人の紹介、みたいな感じでした。あまり魅力的に思えない求人が多いなと感じたのは、きっとそのせいかもしれません。
悪い
相談に乗ってくれるコンサルタントの中に、すごく高圧的な話し方をする人がいた。こちらの過去を無理に聞き出して、それにダメ出しをするような。コンサルタントとの相性がとても重要なんだと認識した。


1.20代転職をする前には

 20代で転職する場合、自分の適性や能力、譲れないことなどを把握せずに、自分の漠然とした希望だけで転職を考える人がいます。それは、現職に不満があり、そこから逃げるための転職の可能性が多いと受け取られてしまいます。そこで、転職を考えたら、まずは自分自信について理想と現実について自己チェックすることから始めてみると良いでしょう。

 具体的には、どんな業界で、どんな職場で、何をするのか、どんな立場で、どのように働き、1年後、3年後の自分について書き出すと良いでしょう。実際、20代の転職においては、求人数は無数にありますから、漫然と求人情報を探して思いつきで応募先を選ぶのはリスクが多い選択と言えます。これは、入社後に冷静になった自分が、転職を後悔することにもなりません。まずは、現職と自分が希望する業界や職種の具体的なイメージを設定比較して求人選択をすることから始めると良いでしょう。

2.企業応募する前にすることは

 自分の適性や希望、理想と現実のギャップを埋めるために具体的な求人に挑戦していきます。現職にいる場合には、時間的な制限はあるため、利用できる情報媒体は利用すると良いでしょう。そこで求人に優先順位をつけて、優先順位が高い順に複数応募していきます。企業の選考では通過までには時間がかることもありますので、1社だけに絞ると他のチャンスを逃すことにもなります。

 また、1社に対して選考に時間がかかると、うまくいかなかった場合には、気持ちやモチベーションが下がるためリスクも高く、複数に応募しておくことをおすすめします。複数に応募しておくことで意外と活動に弾みがつくだけではなく、企業を総合的に比較検討できるメリットもあります。また、客観的に企業を判断できて内定に向けた態勢が作れます。

そこで気をつけるポイントしては
・複数応募して各企業の情報整理や応募記録を残しておく
・同時期に選考結果が出るように応募する
・複数応募で比較検討できるだけではなく、内定では最適な選択が可能

3.まとめ

 20代転職では、しっかりと自己分析して自分自信を理解してから行動することが大切です。また、企業応募については、しっかりとスケジュールを立てて、管理することも必要となります。自分で管理することが難しい場合には、転職サイトや転職エージェントを1か所に絞り込んで利用する方法もあります。転職では、利用できる媒体や情報をうまく活用することが転職を成功させるコツと言えます。